● 今日の表現:「困難をくぐりぬけた」

○ 例文:
ミックは無事に、手術を乗り切った(ミックの手術は成功した。)

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

突然のことだった。

助からないかもしれないと聞いたとき、何がなんだか分からなくなってしまった。

でも、ミックの両親が「ミックは何とか乗り切ったよ」と教えてくれた時、涙が止まらなかった。

最後に、all right をつけました。

今日のイメージは…

「来る+前置詞(中を通る)」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「困難をくぐりぬけた」
come through

○ 例文:
Mick came through the operation all right
ミックは無事に、手術を乗り切った(ミックの手術は成功した。)

through には、「中を通る、突き抜ける」という意味がありますね。

困難や問題があったときに、なんとかそれをくぐりぬけて、生き延びた、助かったときに come through は使えます。

Their house came through the storm without much damage
彼らの家は嵐を乗り切った、多くのダメージも無く。

through は、単に、「何かの中を通る」、「通り抜ける」という意味ですが、

その「何か」が困難や障害、一大事になると、

とたんに、このように「重み」のある表現に生まれ変わります。

through の対象が何か?

困難なモノ、例えば、不幸、事故、テストなどを無事乗り切ったときに、

through はよく出てきますので、意識してみてください。

もちろん、対象が困難のモノではないときには、単に、「通って来た」意味でも使いますね。

それから、ニュースや情報が知れ渡るときにも使います。

News came through that he was safe.
ニュースがきた、彼が無事という

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン