● 今日の表現:「あてにする、頼りにする」

○ 例文:
ありがとう、ジャネット。君は頼りにできると分かってたよ。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

あ、良かった、急に5人お客さんが来るんでホテルが必要だったんですよ!

「できると分かってたよ」は、I knew I could を使いました。

今日のイメージは…

「数える + 圧力」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「あてにする、頼りにする」
count on

○ 例文:
B: Thank you, Janet. I knew I could count on you.
ありがとう、ジャネット。君は頼りにできると分かってたよ。

on に対して、「圧力を感じさせる」と紹介してから、

「 on 人 」 のフレーズがとっても自然に理解できるようになりました。

最近、ご紹介したフレーズだけでも、こんなにありましたね。

He blamed the accident on me.

Your’re too hard on students.

Exercise puts stress on bones as well as muscle.

It’s hard to believe that he cheated on you.

I think he stops by my office to check up on me

自分では、使いこなせなくても、

まずは、このニュアンスに慣れること、on が出てきたら

「ピンッ!」と感じるところから始めてみましょう。

前置詞は、ちっちゃいですが、それぞれ意味を持っていますし、

英語に果たしている役割はとっても重要です。

日本語には、前置詞みたいな単語がなく、あまりなじみがありませんが、

だからこそ、意識したいですよね。

英語を聞いたり、読んだりするとき、この前置詞の感じが、「ピンッ、ピンッ」とヒットすると、

英語がとっても楽しくなるし、生き生きして来ますよ!

それでは、今日も例文で、count on に慣れましょう!

部下 A:大丈夫ですよ、いつも、あそこの支店の人がうまくやってくれてるし。

上司 B:Don’t count on it.

技術 A:大丈夫ですよ、技術的な質問だったら、全部、私にふって下さいね。

営業 B:Can I count on you?

私は、今日の count は、「頭数に数えられる count =当てに出来る」と勝手に解釈しちゃいました。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン