● 今日の表現:「乗り切る」

○ 例文:
とても恥ずかしかった。
分からない、自分がどうやって残りの食事を過ごしたのか(乗り切ったのか)

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
今日、初めて彼女が家に招待してくれた。でも、まさか夕食までご馳走になると
は。それで、食事中にあんなことが起きてしまうとは…もう、フラレルかもし
れない。どうすればいいんだぁ~!
「残りの食事」は the rest of dinner を使いました。

今日のイメージは…
「到達(変化)+前置詞(中を通る)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「乗り切る」
get through

○ 例文:
I was so embarrassed,
とても恥ずかしかった。
I don’t know how I got through the rest of dinner.
分からない、自分がどうやって残りの食事を過ごしたのか(乗り切ったのか)

今日も through です。through には、「中を通る、突き抜ける」という意味が
ありますね。

今日の get は、get to the station のように、「その地点を得る=その地点に
行く」イメージと同様に考えて、「ディナーを最後まで終える」とイメージして
みましょう。

前回から話していますように、through は普通のことにも使えますが、「困難な
状況」になると威力を発揮します。

話の流れから、「何か大失態」をしてしまったことによって、普通のディナー食
事会が、突然、困難なモノに変化してしまいましたね。そこで、 through がよ
り引き立つ出番になりました。
もう、「気が動転してしまってどうやったか何も分からない」気持ちが良く伝わ
ります。

ところで、失態などで、顔を赤くして「恥ずかしいぃー」と感じるのは、
be embarrassed です。慣れてない人は、たまに使って慣れましょうね。
でも、英語を間違えたと思って、be embarrassed なんか、ならなくて良いですか
らね。恥ずかしがらず、ドンドン話しましょう!!

オススメの講座(メールセミナー)  

英語苦手の原因は英文法にあり! 一番の基礎「品詞」から学べ、わからないところはご質問いただけます。    

初心者の方でも安心。英会話にも応用でき、基礎からじっくり学べ、わからないところはご質問できます。    

英会話に特化した英文法講座。知識だけじゃなく使い方も。英文を作る実践練習。わからないところはご質問可能。  

読み返しなしで読める「正しい読み方」を身につけよう! わからないところはご質問できます。