go with 「選ぶ」

● 今日の表現:「選ぶ」

○ 例文:
(私は思う)緑のネクタイにしようかなぁ、代わりに。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
赤のいネクタイを買いに来たけど、この緑のネクタイ、とってもおしゃれだなぁ..
.店員さんのアドバイスでやっぱり、緑にしちゃおーっと!
「代わりに」は、instead を最後につけました。

今日のイメージは…
「行く+前置詞(相手)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「選ぶ」
go with

○ 例文:
I think I’ll go with the green tie instead.
(私は思う)緑のネクタイにしようかなぁ、代わりに。

今日も with です。with は 「一緒に」という意味が多いですよね。そこからす
こ~し派生して、「相手」を指すと考えることも出来ます。

今日の例文、go with。あれ?以前やらなかったけ???
そうです。こういう例文を紹介しました。
Does this red wine go with chicken?
この赤ワインはチキンに合いますか?

合う、つりあう、調和する、という意味でしたね。この go with だけでもたく
さん意味があります。あなたの辞書を調べてみましょう。6個から多いと10個
以上も意味が書いてあるかもしれませんね。

よく皆さんから言われます。「一つの熟語でそんなにたくさんの意味があったら
覚えられません!」と。私も全く同感です。
そして、私が取っている方法は、
「根本の意味を考えてみる」です。
go は、それ自身がたくさんの意味を持っています。例文を見たときに、「どう
して、ここで go を使うのか?」と考えてみるんです。そして自分自身の中でそ
れがうまく納得できたら・腑に落ちたら、もう、暗記はやめます。
go のニュアンスを体感するんですね。後は、インプットを増やすほど、
自分で使いこなせるようになります。ちょっと長い道のりのような気がしますが、
「暗記に頼らない」この方法は、とっても楽しく英語が勉強できますよ。(急が
ば回れですね!)

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪