● 今日の表現:「分からない、区別できない」

○ 例文:
彼が、誰だかさっぱり分からない。

===== Thinking Time =====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

パーティや同窓会などで、あなたはお友達と話しています。

友達があなたに一言、「あいつ知ってるか?」と聞いてきました。

そこで、あなたは、「彼が、誰だかさっぱり分からない。」と。

今日は、「決まり文句」の紹介です。

ですので、英文と合わなくても、ぜんぜん構いません。

今日のイメージは…

「知っている+前置詞(分ける)」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

===== Thinking Time =====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「分からない、区別できない」
know someone from Adam

○ 例文:
I don’t know him from Adam
彼が、誰だかさっぱり分からない。

前置詞「from」の「分ける感じ」を紹介しています。

そして、この文は「狙っていた」例文です。

Adamって、

もちろん、「アダムとイブ」の彼です。

すなわち、誰もが知っている、最初の男の人ですね。

(I wouldn’t be able to distinguish that person from the most important person in human history)

「アダムと彼を区別する」ことが出来ない -> 誰だかさっぱり分からない。
となるわけです。

おもしろいでしょ!

このように、from は それだけで、「分ける、区別する」という意味を表せるんですね。

じゃぁ、イメージトレーニングで一つ、

He is too young to know right from wrong.
(彼は、良いことと、悪いことの区別が付くには、まだ幼すぎる。
(小さくて、まだ分からないの))

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン