● 今日の表現:「知らせる」

○ 例文:
私から彼女に、何が起きてるのか知らせておきますよ。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
「あ~、いいですよ。ご心配なさらず。この件は、私から彼女に詳しく
話しておきますから」
「何が起きてるのか」は、what’s going on を使いました。

今日のイメージは…
「させる・許す + 知る」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「知らせる」
let ~ know

○ 例文:
I’ll let her know what’s going on.
私から彼女に、何が起きてるのか知らせておきますよ。

let は、苦手な動詞でした。
学校で習った(?)ことも、何一つ覚えていませんでした。

ところが、会社に入って仕事のメールをやり取りをするようになり
(その頃はインターネットはなく、メッセージシステムと呼ばれるもの)
そのメールの終わりにとても頻繁に目にするフレーズが、
If you have any questions, please let me know.
でした。

その頃は、「ふ~ん、let me know。let ってこんな使い方するのかぁ。
でも、let って使わないよなぁ~」
なんて、勝手に思っていました。

ところがどっこい(←笑)、会話の英語を勉強すればするほど、実は
let はとっても良く使う言葉だったんですね。
やっぱり、学校だけの英語では「なんとなく」片手落ちのような
気になるのでした。(注:私だけかもしれません)

さて、let me see, let me check など、会話で頻繁に使う let ですが、
今日は、ドラマ、映画でピンと来るように、いくつか例文で
練習しておきましょう。

I’ll let you know later.
あとで知らせますから。(上司に会議の結果を報告)

Don’t let me down.
俺をがっかりさせないでくれよ。(弟子に)

I didn’t mean to let you down.
あなたを失望させるつもりは無かったんです。(師匠に)

Don’t let her go.
彼女を手放すんじゃないぞ。(好きだった女の子が親友と結婚)

Let me go right now.
今すぐ俺に行かせてくれ。(俺じゃなきゃ解決できない事件だ)

どうですか?( )には、状況例を書いてみました。どれもとっても
活き活きした表現と合いますよね。let がうまく使えるようになると、
会話がもっともっと弾みますね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡西区ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン