● 今日の表現:「入れる」

○ 例文:
私は鍵を開けて彼を中に入れた

===== Thinking Time =====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…

お店に来たお客さんが、店内に忘れ物をしました。もう、お店は閉めたのですが、
もう一度、鍵を開けて入れてあげました。
2つの文章を and でつないでいます。最初の文の「鍵を開ける」は unlock とい
う動詞を使いました。

今日のイメージは…
「させる+前置詞(中へ)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

===== Thinking Time =====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「入れる」
let in

○ 例文:
I unlocked the door and let him in.
私は鍵を開けて彼を中に入れた

今日も、in で入ってきます。今日は「入れてあげる」ですね。
許可のニュアンスを持つ「let」と、中のニュアンスの「in」。シンプルな組み
合わせでも、しっかり「動作」を表現できますね。

語感を養うために、もう少し例文を見てみましょう。
– If I’m not there, just let yourself in.
もし、私がいなかったら、自分で入ってね。

自分で自分自身を中に入れる。許可とお願い、命令の中間ぐらいのニュアンス?

– These curtains let in too much light
ここのカーテンは、明かりがちょっと入りすぎるわ。

素材が「光」をいれる性能?があることを感じさせます。

– I’m going to let you in on a little secret
ちょっと秘密を教えてあげる

「秘密に触れる(入れる)ことを許可する」ですね。

どんなふうに、「入れる」か感じがつめたでしょうか?
意外と、letは会話で使えそうですね。英語っぽくなりますよ。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン