● 今日の表現:「ざっと目を通す」

○ 例文:
このレターをざっと見てくれないかしら、私が送る前に。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
同期入社の私の友達はとても優秀。大事な顧客へ送るレターをたまに見てもらう
時があるの。彼女のチェックで助かったことも何回かあったし…
今日は久々のノーヒントで行ってみましょう!

今日のイメージは…
「見る+前置詞(越える)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「ざっと目を通す」
look over

○ 例文:
Can you look this letter over before I send it?
このレターをざっと見てくれないかしら、私が送る前に。

今日も over です。over には、「越える・全体」という意味がありますね。
以前、check over をやりましたね。

私は、今日の例文は、over のニュアンスから、「契約」全体にわたって、チェ
ックする。と思っていました。でも、 check over は、「詳しく、徹底的に、入
念に」調べるという意味だそうです。ただ単に「全体にわたって」というだけで
はありませんでした。勉強になりました。

こちらでした。look over が、「全体にわたってさっと目を通す」でした。せっ
かくですので、check over と合わせて覚えちゃいましょう。

最初に、look over -> おやっと思って、check over ですね。
overlook という動詞もあります。通常、over+動詞 は日本語の、「し過ぎ」に
当たるものが多いです。overlook は、「さっと見過ぎ」->「見落とす」みたい
なところでしょうか。(笑)

He must have overlooked your name.
彼はきみの名前を見落としたにちがいない。

「大目に見る」という使い方もあります <- こちらは、「わざと見落とす」感じ でしょうか。おもしろいですね。 全体のover、注意深いover、見落としたover、大目に見るover 結果だけ見ると違う意味、反対の意味に見えそうですが、もともとover が持つ 意味と「動詞+状況」でこんな風になったんでしょうか? どうでしょう、単にイディオムとして、丸暗記するよりも、理由やストーリーを 考えると、楽しく覚えられますね。これだけでも、ガイジン先生との話のネタに なるかもしれません。(overって不思議なんですけど...な~んてね)

オススメの講座(メールセミナー)  

英語苦手の原因は英文法にあり! 一番の基礎「品詞」から学べ、わからないところはご質問いただけます。    

初心者の方でも安心。英会話にも応用でき、基礎からじっくり学べ、わからないところはご質問できます。    

英会話に特化した英文法講座。知識だけじゃなく使い方も。英文を作る実践練習。わからないところはご質問可能。  

読み返しなしで読める「正しい読み方」を身につけよう! わからないところはご質問できます。