● 今日の表現:「思い出させる」

○ 例文:
彼女はお母さんに似ている。(彼女は、彼女の母を私に思い出させる)

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
有名な女優さんだった彼女には、きれいな娘さんがいました。もう、娘さんもす
っかり大きくなって、やはり、役者さんになりました。彼女を見ると、若い頃の
お母さんを思い出すんですね。

今日は ノーヒント でいきます。
今日のイメージは…
「思い出させる+前置詞(部分)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「思い出させる」
remind of

○ 例文:
She reminds me of her mother.
彼女はお母さんに似ている。(彼女は、彼女の母を私に思い出させる)

remind は「思い出させる」ですね。意外とコレ、私の会話パターンの一つです。
「モノや出来事」を主語にするのが得意なので、気持ちを表したり、会話で機転
がきくフレーズが作れます。例えば、

That reminds me …
そう言えばね、… (それは、私に … を思い出させる)

Would you remind me?
覚えといて。(後で)教えてね。(私に思い出させてくれませんか?)

Don’t remind me.
思い出せないで。

「何を思い出させる」のかは、of を使って、対象を指します。about を使う場
合もあるみたいです。 of とabout では「思い出させる」内容がどんなふうに変
わってくるでしょうか?前回の、know や hear から想像してみましょう。

このように、of を使って、「何に対して~する」対象を表す表現がいくつかあ
ります。(目的語を取れない動詞は、of を使って対象=目的語を指す…??)
あまり、深入りすると「私の頭から煙が出そう」なので、ここらで止めておきま
すが、今週の of の使い方に「対象を指す」イメージを持ってみてください。

オススメの講座(メールセミナー)  

英語苦手の原因は英文法にあり! 一番の基礎「品詞」から学べ、わからないところはご質問いただけます。    

初心者の方でも安心。英会話にも応用でき、基礎からじっくり学べ、わからないところはご質問できます。    

英会話に特化した英文法講座。知識だけじゃなく使い方も。英文を作る実践練習。わからないところはご質問可能。  

読み返しなしで読める「正しい読み方」を身につけよう! わからないところはご質問できます。