● 今日の表現:「~を守る(堅持)」

○ 例文:
もともとの取り決めを守りましょう。(堅持する)

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
いろいろと良い案が出ましたが、副作用も無視できないようですね。ここは一つ、
当初の取り決めどおり進めるのが、どうやら最善のようですね。
「もともとの取り決め」は、the original arrangements を使いました。

今日のイメージは…
「とどまる+前置詞(相手)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「~を守る(堅持)」
stick with

○ 例文:
Let’s stick with the original arrangements
もともとの取り決めを守りましょう。(堅持する)

今日も with です。with は 「一緒に」という意味が多いですよね。そこからす
こ~し派生して、「相手」を指すと考えることも出来ます。

stick は、このまえ、stick to ~にこだわる。というところで紹介しました。

今日もとても近いニュアンスですね。最初の取り決めを変えないで、やっぱり堅
持しようということです。

stick 自身には、動詞では、「突き刺す」や「くっつく」という意味があります
が、会話になると、途端にいろいろな意味で用いられます。

こういう、「会話によく用いられる動詞」は、辞書やテキストだけを見ていても
なかなか分かりません。やはり、実際の会話のインプット(例えば映画やドラマ、
ラジオ)が、かかせませんよね。

例えば、イディオムだけでも、
stick
around, at, by, down, out, to, together, up, with
など、ありますし、一つのイディオムの形でも、数種類から十数種類の意味があ
ります。

どんなに暗記力が優れていても、これでは大変です。

会話に良く使われるから、たくさんのイディオム、意味があるわけですよね。丸
暗記でなく、それを聞いた時に「どんなイメージを浮かべられるか?」がリスニ
ングや理解のポイントになってきますね。

オススメの講座(メールセミナー)  

英語苦手の原因は英文法にあり! 一番の基礎「品詞」から学べ、わからないところはご質問いただけます。    

初心者の方でも安心。英会話にも応用でき、基礎からじっくり学べ、わからないところはご質問できます。    

英会話に特化した英文法講座。知識だけじゃなく使い方も。英文を作る実践練習。わからないところはご質問可能。  

読み返しなしで読める「正しい読み方」を身につけよう! わからないところはご質問できます。