● 今日の表現:「~のような味」

○ 例文:
「チキンのような味」 or 「ビートルズのような曲」

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

「ワニを食べても、かえるを食べても、ヘビを食べても『チキン』のような味!

としか言えないものね。

始めて聞くバンドは『ビートルズ』のような音ってみんな言うし」

「ビートルズのような曲」は、They sound like the Beatles を使いました。

今日のイメージは…
「味わい + 似ている」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。

(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)

(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「~のような味」
taste like

○ 例文:
“It tastes like chicken” or “They sound like the Beatles”
「チキンのような味」 or 「ビートルズのような曲」

海外旅行で、始めて食べる食べ物。それが、普段食べないお肉だととても不安ですよね。

でも、質問すると決まって、

It tastes like chicken.

という答えが帰ってきます。

これじゃぁ、聞いた意味が無い?(笑)

みなさんもぜひ、質問してみてください。

そのうち答えに飽きますよ。(笑)

さて、この五感を使った表現、プラス seem は、会話でとってもよく使います。

「簡単か?難しいか?」という知識の問題でなく、慣れの問題です。

例文を用意しましたので、口から出てくるように、何回か復唱して下さいね。

使える英語は、この「意見 ⇔ 事実」の区別が、一つの山です。

大事ですよ。

見る:

He looks like a doctor.

It looks like you are hungry.

聞く:

That sounds like my father.

It sounds like you like her.

におう:

It smells like pizza.

You smell like roses.

味わう:

They taste like honey.

You taste like cigarettes.

触る、感じる:

It feels like silk.

I feel like I should help you.

思える、気がする:

It seems like a whole different world.

It seems like another company.

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン