「買い物 服を交換」英会話 きつい 過ぎる レシート カスタマーサービス

福岡、九大学研都市での英会話レッスンです。

お買い物、ショッピングに関する英会話をご紹介いたします。

【買ったジャケットがちょっときついので 】

買ったジャケットがやっぱりちょっときついので、交換をしにカスタマーサービスに行きます。

A: このジャケットを交換したいのですが。
B: どうしましたか?
お聞きしてもよろしいでしょうか?

A: I’d like to exchange this jacket.
B: What’s wrong with it?
May I ask?

I’d like to exchange this shirt.

「ほしい、~したい」のフォーマルな言い方では、

‘d(would) like (to)

がよく使われますね。

I’d like + 目的語

I’d like red wine. 赤ワインを下さい

I’d like + to不定詞

I’d like to see her. 彼女に会いたいです

I’d like 人 + to不定詞

to不定詞の主語が、「人」になりますね。

I’d like you to see her. あなたに彼女と会ってもらいたい

What’s wrong with it? May I ask?

What’s wrong it? どうしたの?

wrong は、「普通、正常、いつも」ではない意味ですので、「何か変だぞ」と感じたときに使えますね。

ほかにも、

What happened (to ~)? 何があったの?

happen は、「(何か)起きる、起こる」という動詞ですね。

What’s the matter (with you)? どうしたの?

matter は、「問題、関心・重要事」という感じがありますね。

What’s going on (with you)? どうしたの?

go on は、「続く」という感じがありますね。

A: 私にはちょっときつ過ぎるようで。
B: レシートはお持ちになられましたか?

A: It’s a little too tight for me.
B: Did you bring the receipt?

too tight for me

too は、「~過ぎ(で良くない)」
という感じですね。

基準を表すのには、前置詞 for が便利です。

He’s too young for this job.
若すぎてその仕事は無理だ:(仕事 > 若い)

A: いいえ。失くしたと思います。
B: わかりました、では、ジャケットをお選びになって、このフォームと一緒にレジに持って行ってください。

A: No. I think I lost it.
B: Okay then, please pick out a jacket and take it to the cashier with this form.

pick out a jacket

pick out は、「選び出す」という感じですね。

たくさんの中、似たものの中から、お気に入りのものを選ぶ、

pick ⇒ out

そんなイメージが、表現を理解するのに役立ちますね。

日本語では、ピックアップを、「選択する」意味でも使うので、pick up と混乱してしまいますね。

お店で pick up なら「買う」という意味もありますね。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪