「プールやテニスに誘う」英会話 上手く泳げない スポーツ、レジャー 過ごす

福岡、九大学研都市での英会話レッスンです。

プールやテニスに誘います

スポーツに関する英会話をご紹介いたします。

【 どうやって午後を過ごしましょうか? 】

プールやテニスに誘います。

A: 今週末、プールに行きたい?
B: 上手く泳げないんです。

A: Do you want to go to the pool this weekend?
B: I can’t swim well.

この会話は、一見成り立っているようですが、、、

日本人の会話では、こんな感じがよくみられます。
でも、、、

ポイント(問題)は、

「B:の人は、プールに行きたいのか?行きたくないのか?」
分からないことです。

泳げないから → 行きたくない

泳げないから → 行きたい、練習したい、教えてもらいたい

どちらもありえますね。

日本人同士は、テレパシーで分かり合えるのですが、、、

外人には、
「だから、どうなの。どうだった。」も、最後まで全部言うと、コミュニケーションがうまく行きますね。

go to the pool

「泳ぎに行く」は、英語で、go swimming ですよね。

このような「スポーツ、レジャー」をしに行く時は、
go ~ing を、よく使います。

go golfing ゴルフに行く
go bowling ボウリングをしに行く

go skiing スキーに行く
go skating スケートに行く

go jogging ジョギングに行く
go walking ウォーキングする
go cycling サイクリングに出掛ける

go camping キャンプに行く
go hiking ハイキングに行く

何でも go ~ing で、言えるわけではありませんので、例で言い慣れて、覚えるようにすると良いですね。

go boating ボート、舟遊びに行く
go sailing ヨット、セーリングに行く
go fishing 釣りに行く

go surfing サーフィンに行く
go bathing in the sea 海に泳ぎに行く

海に行くは、go “to” the sea ですが、
海水浴は、bathe “in” the sea

ですので、go [bathing in the sea] と、in になりますね。

釣りも、go [fishing in the river] と、to でなく、in ですね。

前置詞の基本のイメージが分かると、

こんなちょっとしたポイントも、すんなり理解できるようになりますね♪

A: どうやって午後を過ごしましょうか?

A: How should we spend our afternoon?

B: ジムに行きましょう。
B: テニスをしに行きましょう。

B: Let’s go to the gym.
B: Let’s go play tennis.

「使う」は、use ですが、

お金や、時間、パワーのように、使うとなくなる?

ものには、spend を使ったりしますね。

I spend half the day on the telephone.
半日、電話をして過ごすんだ。

I’m thinking you and me spend the day together
and get to know each other.
一緒に過ごして、お互いをよく知るの

the money was spent on ending poverty
お金は貧困を終われせる目的に使われた

go play tennis

「テニスをしに行く」なら、

go to play tennis

ですね。
でも、会話でよくこんな風にも言いますね。

go and play tennis

go play tennis

2番目の例では、動詞が2つ並んでるように見えますね。
このパターンで、

I’ll go get you some coffee.
コーヒーを持ってきてあげる

You should go see a doctor.
お医者さんに行って、診てもらった方がいいよ。

go see a movie
映画を見に行く

go buy someone something to drink
(人)に何か飲みものを買ってあげる

go change one’s clothes
着替えてくる

など聞きますね。

ドラマなどで、見つけてくださいね。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪