「部屋が空いているか」英会話 決める 先に部屋を見る 何か必要

福岡、九大学研都市での英会話レッスンです。

ホテルに関する英会話をご紹介いたします。

【 部屋が空いているか調べさせて下さい 】

ホテルの部屋を選びます。
決める前に、先に部屋を見てみます。

A: 決める前に、先に部屋を見れますか?

A: Can I see the room first before I decide?

I decide

動詞 decide は、よく「現在完了」が使われますね。
例文を使って、decide の使い方に慣れましょう。

decide は、不定詞を使いますね。

We’ve decided to postpone the meeting until next month.
会議を来月まで延ばすことを決めた

「しないことを決める」なら、not to を使うと良いですね。

They decided not to invest in a new factory.
新工場に投資するのをやめることにした

decision は、decide の名詞ですね。

I’m the one who made the decision.
私が決定をくだす人よ

会話では、このように

基本動詞 + 名詞 の形

を使うことが多いですね。

B: 分かりました。
それでは部屋が空いているか調べさせて下さい。

B: I see.
Well, please let me check if the room is available.

check if the room is available

if は、接続詞で、「もし~ならば」という使い方ですね。

I might go to the beach [if the weather is fine].
ビーチに行くかも、もし、天気が良ければ

if の部分は、条件を表す「副詞節」になっています。

でも、例文では、if の部分が

let me check [if the room is available]
私に調べさせてください、部屋が空いているかどうか

check の目的語の「名詞節」として使われていますね。

意味も、「~かどうか?」と、最初の文と異なっていますね。

動詞の後ろに if があるときは、「目的語かな?」と注意してみてくださいね。

available

available は、あまりなじみが無いかもしれませんが、会話でよく使われますし、

人にも、モノにも使えて、便利な言葉ですね。

都合や、予定を尋ねるのに重宝しますよ。

When are you available?
いつ空いてますか?

I’m available every day except Friday.
金曜以外は空いてます。

We have a table for two available,
2人用のテーブルが(使える状態)あります。

B: ここがお部屋です。
何か必要でしたら、お知らせ下さい。

B: This is your room.
If you need anything, please let me know.

自分の動作を、相手に「一言おことわり」したいときに、

Let me ?

という表現は、便利ですね。

使えるシーン、フレーズをイメージしてみましょう。

let me check if the room is available
私に調べさせてください、部屋が空いているかどうか

let me know if you need anything
私に知らせてください、もし何か必要ならば

Let me help you with your bags.
私にカバンを持つのをヘルプさせてください

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪