「子供たちを動物園」英会話 市場に行ったり ぶらぶらした 夜は出歩くな

福岡、九大学研都市での英会話レッスンです。

旅行に関する英会話をご紹介いたします。

【 子供たちを動物園に連れて行った 】

街をぶらぶらしたり、動物園に行ったり、市場に行ったりします。

A: どこ行ったの?
B: お猿さんを見に子供たちを
動物園に連れて行ったの。

A: Where did you go?
B: We took the children to the zoo to see the monkeys.

一つ、おもしろい表現を、

zoo は、通常、

A park or an institution in which living animals are kept and usually exhibited to the public.

生きた動物たちをおいて、一般に公開する施設、公園

ですが、スラング Slang で、

A place or situation marked by confusion or disorder
混乱した状態や場所

を指すのにも使われますね。

The bus station is a zoo on Fridays.
金曜は、バス停は zoo だ

A: 昨夜は何したの?
B: ただ、通りをぶらぶらしたの

A: What did you do last night?
B: We just wandered the streets.

wander は、wonder と似ていますけど、

to go, move, walk etc (about, in or on) from place to place with no definite destination in mind.
あてもなくあちこち歩く

I’d like to spend a holiday wandering through France
ぶらりとして休みを過ごしたい

The mother wandered the streets looking for her child.
子供を探して、歩きまわった

A: この市場はありとあらゆる変わった野菜を売ってますね。
B: うん、おもしろいね!

A: This market sells all sorts of weird vegetables.
B: Yeah, That’s interesting!

weird は、strange と似たような感じでも使いますけど、

「変、妙な、気味が悪い」という感じがありますね。

weirdo だと、変人、奇人、危険な人 ですね。

映画やドラマでは、「誘拐犯」に向かって、捕まってる人が言ったりしますね。

A: おまわりさん、何て言ってたの?
B: 私たちに注意したの、夜は出歩くなって。

A: What did the police say?
B: The cop warned us not to go out at night.

warn は、「注意を与える」という感じですね。

warning 「警告」は、サインなどでも目にしますね。

このように「人に~する、させる」のような動詞は、その内容を前置詞、不定詞、that節を使ってよく表しますね。

前置詞:

Those clouds warned us of the approaching storm
嵐が来るのを警告していた

不定詞:

They warned me not to be late
私に遅れるなと警告した

that節

The doctor warned me that I would be ill if I didn’t rest
病気になるぞと警告した

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪