松永さん、こんにちは。

松永さんのメルマガ、毎回楽しみに読んでいます。

前にも話したように、今は日本語教師のバイトをしているので、教えるときのヒントにもさせてもらっています。

やっぱり「言葉を学ぶ」というのは、何語であれ、共通点があるものだなぁと思う今日この頃です。

実は、先日日本語能力検定試験の2級を受ける生徒さんに「複合動詞」というものを教えていて、ふと気付いたことがあるんです。

日本語の複合動詞って、「持って来る」とか「引っ張る」とか「区切る」とか、私たちが普通によく使う言葉なんですが、外国人からすると、二つも三つも動詞や何やがくっついているものは、覚えづらいようです。

私たちからすると、基本動詞のいろんなイメージを知っているから、いっぱいくっついても大丈夫なんですが、外国人はそうはいかない。

もうお気づきかもしれませんが、私たちが英語でニガテとしている idiom と似てるんですよね。

このことに気付いたら、なんか急に英語の idiom もかわいく思えてきて、「idiomって難しい難しい」って言い過ぎたな・・と思いました。

語学って、やっぱりどれも同じですね。

イメージをしっかりできるようになると、吸収も早いのかもしれません。

いやはや、すみません。
メルマガを読んでて、ついついこのことを松永さんに伝えたくなってしまって。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪