「飛行機は離陸します」飛行機の英会話 座席を真っ直ぐな位置 シートベルトを締める

福岡、姪浜での英会話レッスンです。


飛行機で使う英会話をご紹介いたします。

【 座席をまっすぐな位置にして下さい 】

飛行機内で使う英語表現です。

A: 345便は5分後に離陸いたします。
シートベルトを締めて、座席をまっすぐな位置にして下さい。

A: The flight 345 is taking off in five minutes.
Please fasten your seat belt and put your seat in the upright position.

fasten は、動詞で、「留める、締める」ですね。

fasten – fastened – fastened

になりますね。

fastener ファスナー と言えば、ピン!と来ますね。

zipper も聞きますね。

ジッパー は、商標名 Zipper ですが、日本語にもなっていますね。

動詞、zip も使われますね。

He zipped up his jacket
ジャケットのジッパーを締めた

upright

upright は、「まっすぐ」という感じですね。
きちんとしている感じも、ちょっと伝わりますね。

upright piano と、ネイティブに話した時、???という顔をされたことがあります。

日本ほどは、呼び名がポピュラーでないのかもしれませんね。

A: 免税品のカタログを見れますか?

A: Can I see the duty-free catalogue?

duty-free catalogue

カタログ catalogue は、英語ですけど発音がちょっと日本語と違いますね。

パンフレット pamphlet も英語ですけど、よく聞くのは、

brochure

という単語ですね。

他にも似たようなものに、

leaflet、booklet

などありますね。

泊まったホテルや空港などに置いてあって、簡単な地図やお得なクーポンなども付いてたりします。

A: 食事の前に起こして頂けますか?

A: Can you please wake me up before the meal?

自分で起きる、目を覚ますなら

I wake up

目的語を入れると、「~を起こす」ですね。

You wake me up

wake up は、

眠っている、意識のない状態 → 目を覚ます

ですね。

get up は、「目を覚ます」は関係なく、

横になっている → 起き上がる

ですね。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪