bring back 英語の意味は、、、「返す」

福岡、姪浜での英会話レッスンです。

o0800106613674635089

back です。過去や元に戻るというイメージも大事ですね

● 今日の表現:「返す」

○ 例文:
あなたの本は金曜日に持ってくるね。

===== Thinking Time =====

今日の例文は…

「(借りたもの)を返す」です。
会話では「今度、持ってくるね」という感じで言いますね。

「自分のもの」でも「借りたもの」でも、日本語では「持ってくる」と同じ言い方ですね。

でも、英語では、一つ前置詞を加えるだけで、区別できますよ。

今日のイメージは…

モノや人が「元に戻る方向」です。イメージしましたぁー…

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

===== Thinking Time =====

● 今日の表現:「返す」
bring back

○ 例文:
I’ll bring your book back on Friday
あなたの本は金曜日に持ってくるね。

今日の「日本語」を見てみましょう。

えっ!英語でなくて「日本語」?

どの「言葉=情報」を、「一番大事=伝えたい」と思っているでしょうか?

「あなたの本」も大事ですが、「金曜日」という「いつ?」の情報が大事そうですね。

この文が出てくる会話の流れでは、おそらく話題は「本」でしょう。

そして、「借りる」、もしくは「借りている」という状況でしょうから、
話し手は、この文の中の「いつ」を強調しますね。

会話が英語の場合も同じです。

book < back < Friday の順番の重要度ですので、
大事なところを「大きな声」で言えば、話は通じます。

(たとえ、ほかの部分がちょっと変でもね)

「英語で話すことが苦手」という人は、この「大事な情報を特に大きな声で言う!!」
ということに気をつけてください。

きっと通じますよ!
(これ、意外と大事なんです(ネイティブ談))

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪