福岡、姪浜での英会話レッスンです。

ゲストと会うときの英会話をご紹介いたします。

【 車を外に停めています。ついて来て下さい 】

初対面のお客様を空港で迎えます。

決まり文句がたくさんありますので、使えるように練習しましょう。

A: すみません、Martin さんですか?
初めまして。
バッグをお持ちしましょう。

A: Excuse me, are you Mr. Martin?
Nice to meet you.
Let me help you with your bags.

Let me help you with your bags

「お荷物をお持ちしましょう」の決まり文句ですね。

Let me help you に、with ~ を、付けるだけで、何でも使えますのでお得な表現ですよね♪

He helped his mom with laundry and dishes.
洗濯や皿洗いを手伝った

I helped my son with homework.
宿題を手伝った

B: メガネを失くしたみたいなんですけど。

A: 大丈夫ですよ。
遺失物届けに今、行きましょうか?

B: I think I lost my glasses.

A: Easy.
Why don’t we go to the claim center now?

easy は、「簡単」ですが、

この場合では「気楽に、落ち着いて」という感じですね。

simple、 not much effort、 not difficult、
シンプル、 たやすい、 難しくない

free from pain, care, anxiety
痛くない、 気づかいがいらない、 心配がいらない

他にも、

落ち着いて、慎重に、ゆったりとした

など、さまざまなシーン、意味で使われますね。

claim center

日本語で「クレーム」だと「文句を言う」ですが、英語は少し意味が異なりますね。

辞書でも、「文句をつける」ではなく、

「要求、請求、主張、権利、資格」

などの言葉が使われていますね。

claim には、

claim for (the)damages
損害賠償を請求する

claim on one’s insurance
保険の支払いを請求する.

こんな感じがあいますね。
確かに当然の権利ですね。

A: 車を外に停めています。
私について来て下さい。

A: I have my car outside.
Come with me please.

「おもてに、車を停めています」なんて言い方はよく使いますね。

I have my car outside.

I have my car.
私は車を持っています。

なんて表現が、「 outside 」という場所を加えるだけで、こんな意味になるなんて、、、

英語って、簡単に表現できるんですね♪

Come with me please

「こちらにどうぞ」は、案内の時の定番のフレーズですね。

Follow me please

Come this way

なども、覚えておくと便利ですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン