「お客様を迎えに行く」英会話 遠慮なく 感謝します 予約の確認 ロビーで会いましょう

福岡、糸島での英会話レッスンです。

ゲストを迎えに行くときの英会話をご紹介いたします。

【 明日朝、8時半ごろ迎えに来ますよ 】

ゲストを送ったり、迎えに行きます

A: 手伝いが必要でしたら、どうぞご遠慮なく何でも頼んでくださいね。

B: ありがとうございます。感謝します。

A: Please feel free to ask me anything if you need help.

B: Thanks.
I’d appreciate it.

feel free to ask me anything

「どうぞご遠慮なく、ご自由に~してくださいね」も、決まり文句ですね。

feel free to use
ご自由にお使いください

feel free to look
ご自由にご覧ください

など、聞きますね。

Thanks.
I’d appreciate it.

これも決まり文句です。

Thank you + I appreciate it.

この組み合わせで覚えましょう。

ちょうど、日本語の
「ありがとうございます。助かります。」
に似た感じですね。

I appreciate it は、よく、「Thank you」の丁寧な言い方と紹介されたりします、

appreciate 自体は、
「価値を理解する」という意味ですので、
「相手がやってくれた価値を理解します」
という感じになりますから、

より丁寧に「Thank you」を伝えたいとき、
ピッタリですね。

A: ホテルの予約の確認を私がした方が良いですか?

B: 自分で出来ると思います、ありがとうございます。

A: Would you like me to confirm your reservation with the hotel?

B: I think I can do it myself, thank you.

would like to は、ちょうど want to と同じような感じを表せますね。

would like to :
フォーマル、知らない人、公的な場で話す

want to :
カジュアル、家族、友人と話す。

どちらが良いではなく、フォーマルとカジュアルは使い分けが大事ですね。

I want to ~ と I want you to ~

You want to ~ と You want me to ~

want の後に、人が来ると、

「その人に、to ~をやってもらいたい」

という意味になりますね。

confirm は、「予約の確認」で、よく使われますね。

A: 明日朝、8時半ごろ迎えに来ますよ。
どこで会いましょうか?

B: ロビーで会いましょう。

B: 3階の会議室で会って下さい。

A: I’ll come and pick you up tomorrow morning at around 8:30.
Where should we meet?

B: I’ll meet you in the foyer.

B: Meet me in the third floor conference room.

come and pick you up

迎えに行く(来る)も、よく使う表現ですね。

pick は、「つまむ、拾う」、
up は、「上に、上げる」ですが、

拾い上げるモノには、

電話、人、届き物、情報、病気、ゴミ、

など、いろいろありますね。

この文では、「人 = 迎えに行く」ですが、

スーパーの中なら、食材を購入、入手することも表せますね。

we should pick up some things for a salad as well
サラダに何か買った方が良い

似ていますが、
pick out なら「選ぶ」という感じですね。

you pick out the salad stuff
あなたがサラダのモノを選んで

in the foyer

ロビーは、英語で lobby ですね。
日本語にもなっていますので大丈夫ですが、

「ホワイエ」は、聞いたことがありますか?

こちらは、foyer というつづりで、
フランス語のようで、やっぱり、ロビーの場所を指しますね。

お洒落なホテルや、最近のマンションなどで、目にするかもしれませんね。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪