think of 英語の意味は、、、「思う」

福岡、姪浜での英会話レッスンです。

of を「対象」を指すイメージでとらえてみては

● 今日の表現:「思う」

○ 例文:
そんなこと、思いもしなかったなぁ

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

夫:「友だちの就職パーティをやるんだけど、いい店が見つからないんだよ。
ずーと探しているんだけど。どっかいい場所知らない?」

妻:「あなたの行きつけの店は?あそこ、安くて、雰囲気もいいでしょ」

夫:「あぁ、あそこか!思いもしなかったなぁ。あそこが一番良いね」

今日のイメージは…

「思う+前置詞(部分)」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「思う」
think of

○ 例文:
I’ve never thought of that.
そんなこと、思いもしなかったなぁ

今週の of は、私の苦手な使い方の of です。

英会話が「苦手」と思っている人の中には、「話すときに、文章を組み立てられない」と悩んでいる人が結構います。

「話す文章」を組み立てるのは、大変です。

その場合は、この例文のような「会話でよく使うフレーズ」を丸ごと覚えちゃうのも一つの手です!

私も、このフレーズにはずいぶんお世話になっています。

I haven’t think of that
I never thought of that
I didn’t think of that

状況によって、上のような「他の言い方」を使い分けることは「殆どありません!」(きっぱり)

得意のワンパターン丸ごとフレーズをすかさず、「ズバッ」と言って終わりです。

少々、おかしくても気にしません。

なぜなら、「会話」は「キャッチボール」自分がいつまでも「ボール」をにぎっていて、投げ返さないと、相手はじれちゃいますね。(オーイ!)

今日の表現の of も、「対象」を指すイメージでとらえてみてはどうでしょうか?

「相手が話したこと、話題のこと=that」に対して、「その事は、考えも浮かばなかった」。

考える対象を of が見事に指していますよね。

これから、of の英文を見たとき、「この of は対象を指しているかな?」と注意してみましょう。

「苦手な of」が「得意の of」に変わるかもしれません。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪