福岡、姪浜での英会話レッスンです。

ショッピングに関する英会話をご紹介いたします。

【 ふだんは何時に開いていますか 】

お店の営業時間や開店、閉店を尋ねます。

A: 今日はどれくらい遅く開いているんですか?
B: 24時間やっていますよ。

A: How late are you open today?
B: We’re open twenty four hours a day.

How late「どれだけ遅くまで?」を尋ねていますね。

「どれだけ?」では、後に文をいろいろつけてたくさんのことが質問できますね。

How far(…)? どのくらいの距離か

How far is it from here to ○○?

How long(…)? どのくらい時間がかかるか

How long does it take ?

How often(…)? 何度、何回くらいか(頻度)

How often do you do ?

How soon(…)? どのくらい早くか

How soon can you do ?

How many(…)? いくつ(数)あるか
How much(…)? いくらか(量、値段)

twenty four hours a day

「回数 単位」の語順で、「単位当たりの回数」を表現できますね。

24 hours a day ⇒ 「24時間 1日」で、1日24時間。

3 days a week ⇒ 「3日 1週間」なら、1週間に3日

ですね。

A: ふだんは何時に開いていますか?
B: 平日は9時から7時まで、週末は10時から6時まで開いています。

A: When are you open usually?
B: We’re open from nine to seven on weekdays and from ten to six on weekends.

We’re open

open は、動詞の「開ける」というイメージが強いですが、

形容詞で、「開いている」という意味がありますね。

主語の We は、お店の人たちや、結局、お店を表しますので、

We’re open = お店が開いている、開店中

になりますね。

open は、このように、名詞、動詞、形容詞が同じ形ですので

単語の置かれている位置で、「品詞」を理解することになりますね。

それでは、ここで質問です。

「閉店、お店が開いていない」時は、どう言うんでしょう?

A: 明日は開いていますか?
B: いいえ、ここベルギーでは祭日です。
一日中閉めています。

A: Will you be open tomorrow?
B: No, it’s a national holiday here in Belgium.
We’ll be closed all day.

先ほどの、「閉店、お店が開いていない」時は、

We’re closed

になりますね。

close は、名詞、動詞、形容詞、副詞が、同じスペルになります。

そして、「名詞、動詞」と「形容詞、副詞」で発音が異なります。

さらに、

close「名詞、動詞」= 終わり、閉める

close「形容詞、副詞」= 近い、近く

など、意味も微妙に異なりますね。

お店の「開いている」⇔「閉まっている」は、

open「開いている」⇔「閉まっている」closed

と、close「閉める」動詞の過去分詞と同じ形 closed ですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン